2019度 公益財団法人JKA 機械工業振興補助事業
オートバイとライダーの運動解析とそのデータを活用した技能向上への影響調査研究 成果報告 
(補助事業番号【2019M−187】)



  • 研究背景・目的
  • 実験装置
  • 実験方法
  • 計測結果・考察
  • まとめ・謝辞


  • 研究背景と目的

    衝突被害軽減制御装置や車線逸脱防止支援システムなど、自動車の安全技術開発が進んでいる近年 交通事故による死者数は年々減少しており、2019年は3,215人、2020年は2,839人と年々減少を続け、1948年 (昭和23年)統計開始以降で最小を更新している。
    しかし一方で、「二輪車による中高年齢層の交通死亡事故」はここ数年で増加する傾向にあり、2004年 は104人であったが、2019年は180人、2020年は168人と増加しており、交通事故死者数全体に対して同世代の自動二輪車 交通事故死者数の割合は増加している。
    また、2020年はコロナ禍の影響もあり全国的に交通事故死者数が減少する中、二輪車による交通事故死者数は361人から385人 に増加している。





    二輪車は構造自体が不安定な乗り物であり、転倒などの事故が発生しやすい上に、事故をすると体に 直接衝撃を受けるため、運転者には高い技能と安全に対する意識が求められる。
    しかし、手軽に扱える交通手段であるために、運転者は安全を軽視する傾向にあり、本来は本人の意識 や技能で防げる事故が多くあると考えられる。
    そこで、二輪車関係団体は積極的に安全運転講習会を開催しているが、その指導方法は熟練者による実演 や、口頭による指導が中心であるため、初心者には分かり難く、長時間の訓練が必要になる。
    特に、反射神経や体力の低下が始まる中高年齢層は長時間の訓練が行えないため、技能向上が難しく、 同世代の交通事故は現在も増え続けている。


    本研究では、二輪車の実技講習や二輪免許取得における教習において、運転者が行っている運転行動を データで表示することで、「自らの運転技能を自覚」し、自分の能力を超えた無茶・無理な運転を行わない ように促すと同時に、「模範ライダーの運転技能とデータにより比較する」ことで、「運転技能の向上を 支援するシステム」を開発する。
    また、実際に二輪車事故で多く発生している状況を調査し、開発したシステムを使用して、その事故を回避 するために必要な技能の分析を行い、その結果を講習会等で広く一般に公開することで、 二輪車による交通事故減少を図る。


  • 研究背景・目的
  • 実験装置
  • 実験方法
  • 計測結果・考察
  • まとめ・謝辞


  • 研究代表者:本多将和
    共同研究者:高見昭康、片山優、藤岡美博、齊藤陽平、池田総一郎、小吹健志、泉大樹、福島志斗
    卒業研究担当学生:(2019年度)藤江遼河、落合俊輝、足立雅志、枝木碧波、福島朱音、小山大樹
             (2020年度)落合俊輝、足立雅志、大久佐恵幸、永島源土、妹尾雄太